御宮・神具について

家を新築したとき 結婚したとき 厄年のとき 神棚の前で手を合わせたい 神様を御祭り

家庭に神棚を設けるのは、その家の繁栄と平和を祈るためです。
一家の人々が心を合わせて神様を敬い、祖先を尊び、子孫を愛するのが家庭の信仰でありましょう。
このような気持ちで神棚を拝めば、神様やご先祖様がお守りくださり、
家庭は円満に子孫代々まで繁栄することでしょう。

神棚のまつり方

神棚は一家の精神的中心になる神聖なところです。清浄で静かなところ、しかも家庭の人々に親しみやすく明るいところに、南、または東向きに設けます。

御神札のおさめ方

すべての座の順位は中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って伊勢の大神宮様が宮形の中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左におまつりします。
先祖の祖霊舎は神棚より少し下げて別に設けます。

お供え物

毎朝お供えするもの。

一、 お塩  ・・・・・・ 右の皿
二、 お米(ご洗米又はご飯)  ・・・・・・ 中央の皿
三、 お水  ・・・・・・ 左 水玉

一日・十五日又はお祭りの時は、お酒や山海の産物と初穂等を供えます。

神拝の作法

まず手や口を清めます。神前に進んで軽くお辞儀し、次に二拝(深く二度お辞儀)、二拍手(折念をこめて)その後一拝し、軽くお辞儀をして神前を退きます。
神棚や祖霊舎は絶えず清浄にし、榊は枯れないうちに取り替えるようにします。
御神札は、毎年新しくお受けして、もとの御神札は氏神様に納めます。

  

取り扱い御宮・神具と祖霊舎(みたまや)

明日をつくる清浄なひと時に 御宮・神具

明日をつくる清浄なひと時に 御宮・神具

あわただしい現代社会いつも自分の側に神霊を祀って今日をみつめ明日をつくる清浄なひと時こそ今必要かもしれません。

神様をお祀りする霊舎(神徒檀) 祖霊舎(みたまや)

神様をお祀りする霊舎(神徒檀) 祖霊舎(みたまや)

みたまや・神徒檀ともいい、祖先の神様や、五十日祭を終えられた新しい神様をお祀りする霊舎です。
神道では御霊は祖先の神に帰り家の守護神となり子孫を守るとされています。
※神道用の祖霊舎・霊璽 各種取り揃えております。




山下神仏具店  東京都練馬区下石神井6-43-15 JA東京あおば並び  TEL: 03-3904-2433  FAX: 03-3904-1865
Copyright (C) 2010 Yamashita Shinbutuguten All rights reserved.